債務整理Adjustment

債務整理

任意整理・過払い金返還交渉

こんな人に向いています

  • 長期間借入と返済を繰り返している
  • 月々の返済額さえ減れば、十分返していける

司法書士が貴方に代わって債権者と交渉し、債務を減額・金利をカットし、支払い可能なプランを作成。さらには今まで払い過ぎた金利分をに取り返すことも可能です。

任意整理を司法書士に依頼するとなぜ借金が減額されるのか

任意整理

通常お金を貸すときは「利息制限法」という法律によりその上限金利は18%と規定されています(貸付金額が10万円以上100万円未満の場合)。
ところが、有名な消費者金融各社をはじめ多くの金融業者・クレジット会社がこの利息制限法を大幅に超えた金利(〜29.2%)で長年にわたって金銭を貸し付けてきました。
そこで司法書士は金融業者等に対し、今までの貸付履歴の開示を請求し、そのデータを基に法律で許された金利での再計算をおこないます。その結果、借金が大幅に減額されることがあります。
また、再計算した結果すでに払いすぎになっているケースも多くあります。この場合は金融業者等に対して払い過ぎた分の返還を請求することになります。

なお、司法書士には140万円を超える案件での代理権がが有りませんので、長年借入れを繰り返していて過払い金が大きく膨らんでいる可能性のある方は弁護士さんに依頼されたほうが良い場合もあります、また一旦ご依頼を頂いた場合でも前記の様な可能性がある場合は弁護士(弁護士会)を紹介させて頂く場合があります

お金が返ってくる可能性があります(過払金返還請求)

あくまでもケースバイケースですが、10年くらい高金利のサラ金で借入と返済を繰り返してきた場合、再計算の結果、借金がゼロになることもあり、それ以上(例えば十数年)借入と返済を繰り返してきた場合は、お金が戻ってくる可能性があります(ただし、最近は各業者とも法律の範囲内の利息で契約していることが多いため「ここ数年の利用」の場合は上記のようにならないこともあります(勿論それは違法な金利を取られていないという事で良い事です))
業者から送られてくる明細や請求書の資料が無くてもご依頼頂けます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 淡路島の司法書士 野口事務所 All Rights Reserved.